節約の為に禁煙を決意!今度こそは必ずタバコを断つ覚悟

通販と禁煙外来の比較

禁煙外来とは、12週間で5回の診察が受けられ、医師と一緒に禁煙をする新しい禁煙方法。
健康保険などを使った治療では、診察ごとに、一酸化炭素濃度の測定、医師からのアドバイスを受けたり、禁煙補助薬の処方を受けられます。保険が適用されるのは、初回のみです。
費用については、処方される医薬品により異なりますが、8~12週間で13,000円~20,000円程度。
医師より処方される医薬品に、チャンピックス・ニコチンガム・ニコチンパッチの3種類の治療方法があります。
チャンピックスを説明すると、禁煙のための飲み薬であり1日2回食後に飲みます。ニコチンガム・ニコチンパッチの成分のようにニコチンが含まれておらず、バレニクリン酒石酸塩という成分で作られています。
この成分は、タバコを吸うと、脳にあるニコチン受容体にニコチンが結合して、タバコを吸いたいという感情を抑制して、さらにたばこを吸ってもたばこがまずいと感じさせる効果があります。
そのため、イライラなどのニコチン切れ症状を軽くし、タバコをやめることができます。
報告されている副作用や注意事項として、不眠症。吐き気、頭痛、皮膚の発疹・かぶれなどの症状があると言われていますが、個人差があります。また、チャンピックスを用いた禁煙は、92.6%の高い成功率が報告されていますので、世界的に広く知られている禁煙補助薬でもあります。
主な有効成分であるバレニクリン酒石酸塩に対して、アレルギー反応などが現れる場合、万が一悪化するようであれば、医師に相談することが大切です。
禁煙外来で処方する医薬品を、通販サイトでの購入も可能です。
病院での処方と通販サイトの違いについて、チャンピックスは処方せん医薬品なため、国内で販売されるものに関しては、病院処方のみとなりますが、チャンピックスを服用し、合計5回にわたり、その経過を医師へ報告しながら、禁煙治療を進めていきます。
しかし、一度禁煙外来で治療を行っても禁煙に失敗したり、通院難しい方には、通販サイトがお得です。
診察がなうえ、医薬品代と送料のみとなります。処方の医薬品に関しても、個人輸入ということであれば、厚生労働省によって認められております。そのため、使用上の注意事項を正しく守れば、問題は解決します。