節約の為に禁煙を決意!今度こそは必ずタバコを断つ覚悟

ニコチン依存

タバコは、百害あって一利なしと言われるほど、身体に害を及ぼしますが、どうしてでしょうか?
その原因として、あげられることは、ニコチン依存です。
ニコチン依存とは、タバコに含まれる主な成分であるニコチンがないと、イライラ感や集中力が続かず、落ち着きがなくなるなどの症状がみられ、タバコを吸わずには、いられない状態になります。
では、ニコチン依存はどうして起こるのでしょうか?
ニコチンとは、脳の中で、気持ちをいいと思わせる物質と結びつく特徴があります。
より細かく説明すると、タバコを吸うことを繰り返すと、脳の中にニコチン受容体という物質ができます。この物質が、ニコチンと結びつくと、ドパミンと言われる気持ちいいと感じさせる物質を供給します。
そのため、タバコを吸うと気持ちがいいと感じ、さらにその気持ちよさを繰り返したいとなり、タバコをやめれなくなります。
また、ニコチン依存には2種類の症状が現れます。タバコがないとイライラしたり、落ち着きがなくなるなどの脳がきちんとはらたかない症状と、タバコを吸うことで気持ちがいいと感じたり、吸うことが生活の習慣になる症状とあります。
ニコチン依存(禁煙)はどう予防するどう改善すればよいのでしょうか?
一番は早い方法は、原因であるタバコをやめることですが、なかなか難しいため、最近では、2通りの方法を紹介します。
1つ目は、専門の医療機関での禁煙外来を利用する方法があります。
禁煙外来とは、専門の医療機関の医師といっしょにタバコをやめる方法で保険も適用されるため、健康のためや家族や職場の同僚からの勧めで禁煙したい方々には、話題となっています。
2つ目は、通販で禁煙補助薬といわれる薬を購入する方法です。禁煙外来では、診断を受け処方される薬があります。
禁煙するにあたり、ニコチン受容体の働きを抑える必要もあるため、その働きを禁煙補助薬が手助けします。
本来なら、医師からの診断を受け処方されるのですが、処方がなくとも個人的に使用するのであれば、認められています。
ただ、この禁煙補助薬の用法や用量などに関する知識が必要になります。